注文住宅のフェイスホームが家づくりの進め方についてわかりやすくご説明しています。

家づくりの進め方

マイホームが初めてでも安心。
家づくりはこう進めよう

どんな家を建てたらいいのか、お金の問題はどう解決すべきか、そもそも業者選びはどうするか──など、マイホーム建設が初めてという方には難題かもしれません。そこで、ここでは、尾張旭市・瀬戸市で注文住宅、新築一戸建て住宅をプロデュースする「Faith HOME(フェイスホーム)」が、家づくりの基本的な進め方をご紹介しています。

Step1 家づくりの目的を明確化と重要なポイントを知る

一歩踏み込んだ目的を持とう

一歩踏み込んだ目的を持とう

マイホームを建てようと時は、「どんな家がいいかイメージが持てない」という方は少なくありません。フェイスホームでは「家づくりの目的から考えてみては?」とアドバイスさせていただいています。
家族の絆が深まる家がいいとか、仲間を大勢呼んでパーティーをしたいとか──どんな家を建てるかではなく、どう暮らしたいかを考えることが大切です。

家づくり勉強会に参加して、大切なポイントを学ぶ

家づくり勉強会に参加して、大切なポイントを学ぶ

マイホーム建設は一生に一度の大イベント。右も左もわからなくて当然ですので、まず初めに正しい判断基準を持つことが大切です。ご自身なりにしっかりした判断基準=物差しをもつことで、各社の比較、カタログデータの見極めもできるようになります。また、家づくりをどう進めたら間違いないのかといった全体の流れについても把握しておくのも大切です。

特に注目するのは「Q値」「UA値」「C値」

住宅性能を示す機能性「高気密・高断熱」は、カタログでも数値で表現されることが多いものです。その中で注目していただきたいのは「Q値」「UA値」や「C値」です。これらの数値が示す意味や基準値を知っていると住宅の性能選びに役立てます。

住宅性能についてもっと詳しく見る

Step2 完成見学会で体感する。

学んだことを次は見て体感することが大切です。本当の意味で役に立つ情報は、体感し施工業者と接することでしか得られません。ここでは、見学会で確かめたいポイントを2つ紹介します。

住まいのリアリティを体感できるか

住まいのリアリティを体感できるか

見学会では、外観やインテリアなどに目が行きがちですが、空間の広がりや動線の使い勝手など、身を置いてみなければわからないところを体感してください。考えられた居住空間は、帖数以上に広々と感じられたり、リラックスできたりするので実感できるはずです。また、キッチンから水まわりなど家事動線が考えられているものが理想的な住まいと言えます。

スタッフがしっかりと疑問に答えてくれるか

スタッフがしっかりと疑問に答えてくれるか

家についての考え方は、工務店ごと、ハウスメーカーごとに違いがあり、比較するだけでは見極めが難しいです。そんな時は、率直に疑問や質問をぶつけてみてください。明瞭かつ丁寧でわかりやすい回答をしてくれる担当者なら信頼できると言えるでしょう。

ここは確かめておきたい!チェックリスト
地盤(土地)補強などについて
  • 液状化傾向のある土地でもしっかりと補強工事をしてくれるか
  • 地盤補強工事について十分な説明をしてくれるか
  • 土壌汚染や撤去費用は保証の範囲外だということをしっかり説明してくれるか
  • 将来、必要となる撤去費用について説明があるか
  • 施工後の品質検査は徹底しているか
  • 工程ごとに品質をチェックする地盤補強工事になっているか
  • 発がん物質である「六価クロム」の発生予防対策を実施している業者か
構造(家)について
  • 2020年以降の省エネ基準を満たした家づくりが出来ているか
  • 具体的な断熱、気密性能の数値(Ua値、Q値、C値等)は答えてもらえるか
  • C値について気密測定を行っているか
  • 施工後、自分の家のC値の測定値を教えてもらえるのか
  • 耐震等級3はクリアしているか
  • 構造計算は行っているか
  • 構造計算書は見せてもらえるのか?
資金計画について
  • 家づくり全体の予算を把握した上で、土地や建物予算、諸費用等をおさえた資金計画を提案してもらえるのか?
  • 住宅ローンには、住宅取得後の将来の生活まで見据えた借り方、返し方の提案をしてもらえるのか?
遠方で見学が難しい?そんな場合は資料請求を
完成見学会で実際に建てた家を見るのがベストです。でも、見学会会場が遠方だったり、当日の都合がつかなかい場合は、資料請求するとよいでしょう。カタログがあれば、その会社の実績や過去にどんな家を建てたかを把握でき比較検討しやすくなります。

Step3 資金計画を考える

スタッフがしっかりと疑問に答えてくれるか

マイホーム購入には何千万という多額の費用がかかります。住宅ローンを利用されると思いますが、まず検討しておきたいのが資金計画。ご自身の状況やご家族のこと、不動産市場の動向などさまざまな条件を勘案しながら、無理のない返済プランを立てるのがベストです。フェイスホームは、教育費や老後の年金まで含めたローンシミュレーションをおこなったうえで無理のない借り方、返し方をご提案します。

資金計画を考える上で押さえておきたい4つのポイント
  • 金利や不動産価格の動向
  • 住宅建設に関する税制、優遇措置
  • 家計や将来設計を考慮に入れた返済計画
  • 施主様のご年齢や家族の現状x

フェイスホームがご家族の夢が詰まった空間づくりをお手伝い

フェイスホームでは、ハウスメーカーや設計事務所、工務店を経験した住宅のプロがつねにお客様の立場になって考え、ベストな選択ができるようサポートしています。お客様の目的や夢をかなえるためなら、私たちは新築の注文住宅ではなく、あえて現宅のリフォームや中古物件のリノベーションをアドバイスさせていただくこともあります。