注文住宅のフェイスホームに寄せられる、よくあるご質問と答えをご紹介しています。

よくあるQ&A

フェイスホームとR+houseの家づくりに関する
ご質問と答え

こちらでは、日頃多くのお客様より「Faith HOME(フェイスホーム)」に多く寄せられるご質問とその答えをご紹介しています。R+houseの家づくりについて知りたい、フェイスホームのサービス、営業エリアについて確認したいという方はご覧ください。

よくあるご質問と答え

R+houseに関するもの
建築家が手がける家なのに安くできるのはなぜ?
自由設計という点では同じですが、R+houseでは、部材や仕様、設備に一定のルールを設けること(=セミオーダー化)で注文住宅にありがちなムダを省くことができ、ローコスト化を実現しました。
ルールとはどういうものですか?
作業効率を向上させるために、使用できる部材や建材の寸法などに制限を設けたり、統一したりするものです。一種の制約ですが、住宅のデザインにはほとんど影響しないのでご安心ください。
住宅の品質や性能に低コスト化の影響は出ませんか?
ご安心ください。R+houseが行う低コスト化は部材や工程のムダを省くものであり、住宅品質や性能にはまったく影響しません。それどころか、こうした品質、性能面では一般の注文住宅以上になるよう高い基準を設けているのがフェイスホームの家づくりです。
自分なりに家づくりのアイデアがあるのですが?
担当の建築家がそうしたアイデアをしっかりとヒアリングし、プランニングに生かしますのでご安心ください。
アンティークのドアや輸入物の設備を導入してもいい?
問題ありません。どうぞ、弊社担当または建築家にご相談ください。ただし、輸入品となる部材や設備は形状や寸法などの点でR+houseの標準モジュールとは異なるため、通常より手間や作業時間が余計にかかります。結果的にコスト全体にある程度の影響が出ますのであらかじめご了承ください。
土地が狭かったり、不整形だったりしても建てられる?
一般の工務店では難しいかもしれません。しかし、R+houseの家づくりでは、有能な一級建築家が、むしろ土地の狭さや形状面での不利を逆手にとって、魅力的な家をプランニングして差し上げられます。
家づくり全般に関するもの
注文住宅とは?
建てる方の希望を自由に反映できる家づくりの手法で、「自由設計の家」「フルオーダーの家」などと呼ばれることがあります。これに対し、すでに建築済みの住宅を購入するのは「建売」、いくつかあるプランから選ぶものを「規格住宅」と呼んでいます。なお、R+houseは「セミオーダーの家」ということができます。
注文住宅はコストがかさむ?
自由に設計できるということは、それだけ、間取りや部材、デザインなどの選択肢が広がりますが、一方で全体から見ればムダも増えます。また、プランを確定するまでの打ち合わせ、段取りも増えるので、当然、費用は高くつきます。
ムダを省いて注文住宅を低コストで建てる方法は?
それが、フェイスホームがご提案するR+houseの家づくりです。設計の自由度を一定上確保しながら、デザインやクオリティに直接関連しないムダを徹底して省くことで、建築家が手がける家を手の届く価格でご提供できるようにしています。
工務店、業者を選ぶ秘訣は?
ホームページなどを見て実績がどれだけあるか、判断されるのがよいでしょう。できれば、その業者が手がけた家を見て歩くのが理想的。完成見学会なら、引き渡し前の家を内部までじっくりチェックできるのでおすすめです。
住宅ローンをどう借りたら?
家を建てる方のご事情、経済力を勘案して、無理のない借り方、返し方を考える必要があります。フェイスホームでは、資金計画相談会や勉強会を随時開催して、皆様のこうしたお悩みを解消しています。ぜひ、お気軽にご参加ください。
フェイスホームに関するもの
運営会社は?
愛知県海部郡大治町に本社を置く「新都工業 株式会社」です。もともと、土木工事や地盤改良工事で多くの実績を持つ会社で、大規模な公共工事、商業施設建設など実績も豊富です。こうした経験とノウハウがあるからこそ、新築時の地盤改良や液状化対策も安心しておまかせいただけます。
対応エリアは?

対応エリアは?

尾張旭市、瀬戸市を中心に、名古屋をはじめとする愛知県全域、岐阜、三重の東海3県がフェイスホームの営業エリアです。ただし、その周辺地域でも対応可能がありますので、詳細はお問い合わせください。

土地探しについて相談できますか?
マイホーム建設には、用地の取得が欠かせません。もし、現時点で好適な土地が入手できていないという場合は弊社までお気軽にご相談ください。地元の不動産情報を有効に活用して可能な限り理想的な土地をお探しいたします。