キャプテンチェア | Faith HOME(フェイスホーム)

COLUMN家づくりコラム

キャプテンチェア

  • 2019/08/02

こんにちは。

 

梅雨明けから毎日鬼のような暑さが続いてますね、、、

熱中症で倒れる方も多いと聞きますので皆さん気を付けてください。

 

「高山ウッドワークス」

皆さんご存知ですか?

 

家具デザイナーの岩倉榮利と一人の木工職人の出会いから始まった歴史ある家具ブランドです。

1980年代初め、岩倉氏はその当時にまだ先進的だったアルミやスチール、

ガラス等を使った家具をデザインし、斬新でモダンなデザイナーとして知られていました。

ある日、そんな岩倉氏が出会ったのは引退間近の木工職人。

熟練技、継承されるべき技術であると感じた岩倉氏は

木工を学びたい若者への雇用拡大、職人の伝統技術の継承を両立させ、

高品質で生産性の高い家具を提供しようと考えました。

 

1999年高山ウッドワークス株式会社設立。

ロングライフデザインをコンセプトに家具は壊れたら買い替えるものではく、

部材一つから直し、一生涯使い続けられるものになっています。

 

先日お引渡しを迎えた家では高山ウッドワークスの「キャプテンチェア」を

ダイニングセットに採用しています。

シンプルなデザインの中に上品さ、優美さを感じられます。

素材を活かすオイル仕上げなので無垢材の温かみを最大限に引き出します。

 

一生に一度の住宅購入なら、家の中にある家具も一生使い続けられる

ものを選びたいですよね。

家と共に家具も在り、長年使うごとに表情を変え、

人生を通して自分だけの家具になっていく、

とっても素敵なことです。

改めて一つの家具の歴史を探るだけで、

その家具に対する愛着がさらに増していきます。

私も将来家を建てるならこんな風に願いが込められた

机や椅子を選びたいです。