グラス作り体験 | Faith HOME(フェイスホーム)

COLUMN家づくりコラム

グラス作り体験

  • 2022/04/26

こんにちは。

 

皆さん!

9月14日(土)、15日(日)は『せともの祭』ですよ、!

瀬戸川沿いに陶器屋さんがずらーっと並び

大量の器たちがお得に手に入る一年に一度の一大イベントです。

私も明日参戦しようと思ってます。

来週のブログはせともの祭に決定。

 

さて、そんなせともの祭で盛り上がっている中で

少しでも関連があるような内容で書きたいと思ったので

今年のGWの瀬戸での吹きガラス体験について話します。

 

グラス作り体験ってどこでできるかご存じですか?

ネットで調べると10か所以上の工房がでてきますが、

瀬戸や豊田、知多や名古屋にもあるんですね。

ちなみに私は瀬戸の『スタジオバクザウルス』さんへ行きました。

 

まず、数日前にネット上で10時に予約してから当日を迎えましたが

道が混んでおり、迷い、10時半に着きました。

遅刻したのにも関わらず電話でも優しく対応していただき

とても温かい気持ちになりました。

 

工房に着くとまずエプロンを付けます。

デニム生地で、とても可愛く、つけただけでわくわくしました。

最初に説明を受け、好きなグラスの形、色柄を決められます。

私は、小さめの緑のマーブル柄にしました。

 

1200度の窯にガラスを溶かし練っていき、空洞になっている鉄の棒で

グラスを吹き、形を作っていきます。

窯の前に立つと当たり前ですが暑いです。とても。

ガラスを吹き、練り、飲み口の穴を広げ完成です。

想像以上に難しく、幼稚園児くらいの小さな子も

いて楽しそうにできた!と言っているのに驚きました。

もちろんスタッフさんがちゃんと付いて教えてくれるので

失敗することはないですが意外と難しく大人でも楽しめました。

面白かったのが、スタッフさんが「ここ!撮影ポイント!」と

教えてくれるのでわかりやすかったことです。

シャッターチャンスを伺うことなくベストタイミングで撮影できます。

  

 

出来上がりを見ると、やはり手作り感があるのですが

それがとても愛らしく見え、家で毎日使っています。

1000年以上の歴史ある焼き物の街、瀬戸の

ツクリテの文化を感じることができた気がします。

明日が楽しみです。(^^)

(ここが撮影ポイント!の写真)