【きそ知識】照明の種類解説 ー前編ー | Faith HOME(フェイスホーム)

COLUMN家づくりコラム

【きそ知識】照明の種類解説 ー前編ー

  • 2022/06/14

こんにちは。今日は打ち合わせで役立つ新築住宅で使用する主な照明の種類解説をしていこうと思います。

設計プランが決まるとそれに合わせて照明プランを考えていきます。その部屋に求める用途や役割によって最適な照明は変わってくるのでぜひ基礎知識としてご覧いただければと思います。(^^)

引用:「MY HOME Magazine」

 

①ダウンライト

天井に埋め込んで設置するタイプの照明なので、天井面がスッキリして見えるのが特徴です。以前は天井付けの照明といえばシーリングライトが主流でしたが、住まいを控えめに照らす空間演出の明かりとしてダウンライトが普及してきました。スッキリしたデザインが建築家住宅とも相性が良く、フェイスホームでもベースの照明としてオススメしています。

 

②スポットライト

特定の場所を集中的に照らすための照明です。壁に飾った絵画やインテリアなどを照らすことでディスプレイを引き立てたり、壁や天井に向けて間接照明にしたりすることで空間を立体的に演出することができます。ダウンライトの設置が難しい吹き抜け回りなどで使用するのもオススメです。

 

③ペンダントライト

天井から吊り下げるタイプの照明器具で、演出と機能性を持った空間のアクセントとしてダイニングなどによく使用されます。デザインや用途も豊富になっているので、シンプルな空間にアクセントとして設置したり、キッチンやほかのインテリアと組み合わせてのコーディネートもオススメです。

 

④シーリングライト

天井に直接設置するタイプの照明です。高い位置から空間を照らすので、部屋全体を均等に明るくします。リモコン操作で調光や調色ができる商品が増えているほか、空気を循環させるためのファンと照明が一体化したタイプやスピーカーを内蔵したタイプなど、その種類は多岐にわたります。リモコン操作できるものも多いので、寝室や子供部屋などの個室にオススメです。

 

長くなってしまうのでまた別のブログで続きを描きます!!